家電リサイクル法の施行で、有料での回収が常識に。ゴミの軽減と新たなエコ家電としての再生に期待したいものです。

リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう
リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう

リサイクル法はゴミの軽減と新たなエコ家電への再生に期待

家電製品もリサイクル法の施行により、お金を出して廃棄するというルールが常識になってきました。これまでなんでもかんでもゴミとして扱われていたものが、きちんと回収して分別し、使えるものは原料として再利用することで、ゴミそのものの減量化にもつながっているようです。利用している時には便利なものでも、壊れてしまえば邪魔になるだけです。新しいものを買ってくれば置き場所もありません。結局の所引き取ってもらうしかないのです。確かに処分するのにお金がかかるというのは抵抗があります。しかし、その結果として環境を汚すことなく、リサイクルされ再びエコ家電として戻ってくるかもしれないのです。

どの街でもそうでしょうが、住んでいる近くにゴミ処理施設や埋立地ができることにでもなれば、大問題になります。誰もがそのような所には住みたくはありません。しかし、どこかに造っていかなければ処理できないことも現実なのです。誰もが嫌がるものをなるべく出さないようにするためには、再利用するものを徹底的に分別して取り出すことが不可欠になるのです。冷蔵庫やエアコンなどには、オゾン層を破壊するといわれるフロンガスなどが使われているものもあります。きちんとした回収をしなければ温暖化や、紫外線の影響が強まり皮膚がんの発症を高める原因にもなりかねません。面倒だからとかお金がかかるから、といっている場合ではない所まできているのです。携帯電話からは、なんと金も回収されるそうです。捨てればゴミでしかありませんが、回収して分別したものは貴重な資源なのです。

おすすめ記事

Copyright (C)2019リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう.All rights reserved.