エコ家電と呼ばれる電化製品が増えていますが、エコな生活とは別の問題かもしれません。もっとリサイクルに努めよう。

リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう
リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう

エコ家電とエコな暮らしを混同しないでリサイクルに努めよう!!

地球温暖化が叫ばれて久しい訳ですが、その一つの取り組みとして、『リサイクル』と、云う言葉と、『エコ』と、云う言葉がもてはやされています。勿論、どちらも大切な活動であるのには間違いありませんが、最近では、消費電力が少ないとか、節電できる・・・。などの、エネルギー消費等にメリットがある、エコ家電と呼ばれる電化製品が、主流となって来ました。で、少し違和感を覚えている事があります。それは、エコ家電が云々と云う事では無くて、使う側がこういう家電を揃えているから、エコな生活をしている―。そんな錯覚をしている人が、結構いらっしゃると云う事です。

確かに家庭に占める消費電力が抑えられて、経済的にお得感があるのは、エコノミー効果としては良いと思います。が、その使い方が今まで通りであるならば、それは決してエコな暮らしとは呼べませんよね。家電等にも適応される「リサイクル法」とか、余りご存知ない方もいらっしゃいますし、家電一つであっても、大事に使わない傾向が目立っていますから、リサイクルは後回しになって、結局、消費活動に費やし、エコと呼びながら、リサイクルは実践されていないのが、現状なのではないでしょうか。

究極のリサイクルは、やっぱり家電に限らず、物を大切にする気持ちだと思います。今一度、「もったいない」と、云う言葉の意味を確認して欲しいと思います。エコ家電は、エネルギーを効率よく、また経済的にも家計にも優しい家電であると捉えて、もっと長く使えるだとか、老朽化した部品も何か別の役割に使えたりだとか、リサイクル法の枠の中で、どの部品がどの様にリサイクルされているか商品に明示されているだとか、そう云う家電であって欲しいと思います。

おすすめ記事

  • レジスターについてはこちらのサイトをご参照ください。

Copyright (C)2019リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう.All rights reserved.