エコ家電のエアコンをリサイクルして、素材を取り出します。コンプレッサから、鉄、銅、アルミニウムが取れます。

リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう
リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう

エコ家電であるエアコンはリサイクルでどうなるか

鉄が欲しいとき、鉄を育てることが出来るでしょうか。植物などのように育てることが出来るなら、日本でも鉄の種をまいて育てるかもしれません。現在においては、鉄鉱石を利用することになります。こちらは、鉄分が入っている自然にある石です。残念ながら鉄の塊ではないので、鉄以外の元素もたくさん入っています。純粋な鉄を取り出すためには、溶かして、鉄のみを分けることになります。このようなことを行うのが製鉄会社になるのでしょう。製鉄技術に関しては昔からありましたが、外国からの製鉄技術なども取り入れて行われているようです。

分けるだけでも大変な鉄の製造ですが、もっと簡単に鉄を取り出す考えがあります。それは使わなくなった鉄をリサイクルする考えです。エコ家電においてエアコンがあります。こちらは通常のごみとしては回収されず、メーカーが各素材ごとに分けて再利用できるようにしています。鉄鉱石からの場合溶かしたりして鉄を作っていましたが、こちらであれば、元々使っていた鉄を取り出せばよいだけになります。純粋に近い鉄のみが出てきます。

どのような工程で行われるのでしょうか。大きく分けて、コンプレッサ、キャビネット、熱交換器、冷媒があります。コンプレッサは鉄を含めいろいろな金属で作られています。それを分解したり、破壊します。そうすると、それぞれの素材ごとに分かれます。後はそれを選別すれば良いのです。コンプレッサは、鉄と、銅とアルミニウムが取り出せます。それぞれ日本ではあまりないものですから、こちらを再利用できると輸入量も変わります。

おすすめ記事

Copyright (C)2019リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう.All rights reserved.