エコ家電を購入した人は、今までは買って、捨てるだけでした。リサイクルにおいては、適正な引渡しが必要です。

リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう
リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう

エコ家電を購入した人がリサイクルのときにすること

石器時代の人は、生活に必要な道具を自分で作っていたそうです。石器などが残っています。石は非常に硬いですが、その硬い石を削るのは大変だったでしょう。それも知恵を出して方法を見つけ出したのでしょう。必要なものを自分で作る時代から、徐々に人から譲り受ける時代になります。ただではなくて、交換などです。やがて貨幣が出てくるようになると、必要なものを購入するようになります。いまは、必要なものは買う時代なのです。

包丁であったり、まな板なども購入します。そしてもっと高度で複雑なものも購入します。エコ家電はその一つです。購入して、使っている間は良いですが、そのうち故障をしたり、もっと良いものを使いたくなります。すると今まで使っていたものは必要なくなります。どうするかですが、処分をします。欲しい人がいるならあげても良いですが、故障していれば使うことができません。ごみとして捨てます。焼却や埋め立てがなされるのです。

でも、その中に使える素材があるのです。そこでリサイクルをしなければいけないことになっています。今まで購入して、捨てるだけだったのですが、購入者はあることをしなければいけなくなりました。それは適正な引渡しをすることです。これは、ゴミ捨て場に置くことではありません。処理をしてくれる業者に渡るような手続きをすることです。さらに、このことに関する費用の負担も求められるようになっています。買うときに意識する必要があります。

Copyright (C)2019リサイクルと地球温暖化 エコ家電を使おう.All rights reserved.